健康美肌美人に必要な美白美容液などご紹介

健康美肌美人 | 意外に知らない今すぐ使える最新美容テクニック             BeautyWoman

黒ずみ乳首を可愛いピンク色にする完璧な方法

投稿日:2017-03-25 更新日:

女子にとって乳首は綺麗なピンク色である事が希望です。

ですが、歳をとるにしたがって乳首が乳輪が黒ずんできてしまいます。

一番の原因は、長年の刺激や摩擦によって次第にメラニンが多くなり黒ずんでしまいます。

子供を何人も生んだ女性は、乳首を子どもに吸われますので刺激が多くなりどうしても黒くなってしまいます。

温泉などに行きますと、乳首の色がピンクで綺麗な女子を見かけますと、なんとなく劣等感が出てきてしまいます。

まだ結婚前の女性でしたら、いざという時にピンクの乳首の方が男性受けがいいのはわかっています。

初めて彼に見せた乳首が真っ黒では、なんとなく男性経験が豊富だななどと思われてしまうかもなどと要らぬ心配をしてしまいます。

このように黒ずんだ乳首をピンクに変える事ができるクリームがあります。

ネットで「ピンクの乳首になる方法」などと検索しますといろんなクリームが出てきますが、ほとんど効果が無いのが現状です。

メラニンの色素を出す部分は皮膚の奥深い部分にありますので、ホワイトニングができると言って高い値段で市販で販売しているクリームはまず効果は期待できません。

確実に素敵なピンクに乳首や乳輪をしたいのでしたら美容整形などで使用している美白クリームが確実で完璧にピンクの乳首をゲットで出ます!!

その成分はハイドロキノンといいます。

医者で美白をしようと思って頂くクリームは、このハイドロキノンとトレチノインの2種類を必ず処方されます。

ハイドロキノンは、肌の漂白剤と言われておりその効果は抜群で、シミの原因であるメラニン色素の産生を抑えるだけでなく、メラニン色素をつくる細胞(メラノサイト)そのものを減少させる成分です。

この効果はかなり強いものがありますので、濃度の低いクリームから試す事が大切です。

ハイドロキノンの濃度には1%~5%ぐらいがあります。

最初は2%ぐらいの濃度のクリームを使用して、肌に問題が無ければ4%ぐらいまで上げてみるのがいい方法です。

ハイドロキノンは強い漂白成分ですので、使用方法を間違えますと、”白斑(ハクハン)”が出来てしまいます。

一度白斑になった皮膚はもう元に状態に戻す事は不可能ですので、注意が必要です。

とは言っても、2%ぐらいから様子を見ながら4%ぐらいまでの濃度のハイドロキノンでしたら、まず白斑になる事はありませんので安心してください。

おすすめはハイドロキノン2%配合のコスメライトになります!!!!!!

ピンクの乳首を目指して頑張ってください。

健康美肌美人詳細

-美白
-

Copyright© 健康美肌美人 | 意外に知らない今すぐ使える最新美容テクニック , 2018 All Rights Reserved.