健康美肌美人に必要な美白美容液などご紹介

健康美肌美人 | 意外に知らない今すぐ使える最新美容テクニック             BeautyWoman

コスメライトクリームで効果が無ければこれ!

投稿日:2017-08-08 更新日:

コスメライトでなかなか効果が得られない時には、即単品でハイドロキノン4%とトレチノイン0.1%を購入しましょう!

ハイドロキノンとトレチノイン

この2点の組み合わせでしたら、ほぼ完ぺきに美白を得る可能性があります。
※強いタイプになりますので、必ず肌に合うかパッチテストをしてから使用しましょう。

我が家にもついにきました!!!!!

ハイドロキノン4%

ハイドロキノン4%

トレチノイン0.1%

トレチノイン0.1%

使用方法

まずはトレチノインを寝る前によく洗顔し乾いた後、ピンポイントで美白したい部分からはみ出さにように塗ります。

それが乾いた事を十分に確認してから、ハイドロキノンを美白したい部分から少しはみ出すぐらいの大きさ重ね塗りをします。

どちらも効果の高いクリームになりますので、塗りすぎはいけません!

必ずどちらも薄く塗って、次の日の朝洗顔して落としましょう。

最初のうちは、反応が激しいので赤くなり痛みが出ますが、少し我慢する事で次第に赤みや痛みは取れてきます。

どうしても患部が乾燥しやすいので、朝はたっぷりと保湿する事が大切です

使用中は、患部を紫外線に当てない事が重要で、とても紫外線に弱い皮膚の状態になっていますのですぐに紫外線でダメージを受けてしまいます。

紫外線よけのクリームをしっかりと塗って出かけましょう。

ハイドロキノン、トレチノインどちらのクリームも酸化しやすいので、使用中は冷蔵庫に保管しておきましょう。

また一本は一か月ぐらいで使用してしまうのが理想です。

酸化してきますと色が茶色に変化してきますので、もうその状態になったら使用できません。

もったいなくても捨てましょう。

なかなか赤みや刺激が収まらないケースでは、一旦使用を中止して様子も見る事も大切です。

使用方法さえ間違いませんでしたら、そんなに心配はいりません。

顔全体を一度に使用する事は絶対にやめて下さい。危険です。

トレチノンとハイドロキノンの使用期間

トレチノインとハイドロキノン

トレチノインは30日程シミの部分にだけピンポイントで塗ります。

乾いたのを確認して、その上からハイドロキノンを広く塗る事を一日一回夜によく洗顔した後行います。

トレチノインは30日後に一旦止めてそのままハイドロキノンだけを塗り続けます。

それでも効果が見れなかった場合には、30日休んでからトレチノインを再度始めましょう。

トレチノインを30日休むのは、肌の状態を正常に戻してから再度トレチノインで強制的にピーリングをするのが目的ですので、この状態でまだ皮膚に炎症がある方は絶対にトレチノインを始めてはいけません。

上記の事を良く理解した上で使用すると、シミ取りが上手にできるようになります。

あくまでも基本的な用法をご説明していますので、個人差によって状況は変化します。

トレチノインを3日続けてもう痛くて痛くて仕方ない程炎症してしまう方は、トレチノインの使用はすぐにやめましょう。

ハイドロキノンの使用方法

出来立てのシミでしたらまだ皮膚の奥までシミが達してないので、ハイドロキノンを塗るだけで、2週間ぐらいでシミが消えてきます

ハイドロキノンはシミの出来た部分だけに薄く塗ります。

厚く塗ってもいいのですが、ハイドロキノンはかなり刺激が強いので痛くなる可能性が大です。

厚く塗っても、実際に肌にしみこむ成分の量は一定量以上は浸透しませんので、浸透できなかったハイドロキノンは肌の上で酸化してしまう可能性もありますので止めましょう。

また一部に塗る場合は、終身前によく洗顔をして保湿を終えたらその上から塗るのが最適です。

薄く塗っておけばそれほど他の部分に間違えてついてしまう事もないと思いますので安全です。

ハイドロキノンを顔に塗る時には、黒の綿棒が役に立ちます。

白の綿棒です何処にハイドロキノンが付いているのかが良く分かりません。

黒の綿棒

シミは何しろ出てきたらすぐに処理するのが効果が一番あります。

かなり前からあるシミに対しては、トレチノインとハイドロキノンではなかなか取れませんのでやはり、皮膚科に行ってルビーレーザーなどで焼いてもらう必要があります。

レーザーの代金は面積で決まっていますので、シミの面積が広いほど高額になります。

健康美肌美人詳細

-トレチノイン, ハイドロキノン, 美白
-, ,

Copyright© 健康美肌美人 | 意外に知らない今すぐ使える最新美容テクニック , 2018 All Rights Reserved.